販売管理の機能としては推移がわかる

数字が変化するとき、一定の法則があります。細かく見ると小さな上下はあるものの、ある方向に動いているのがわかります。上昇していたり、下降していたりするのです。それが、予測できるもののこともありますし、予測ができないものの場合もあります。予測できないものであれば、その都度その変動の分析をする必要があります。販売管理の機能においては、売上の推移を知ることができることがあります。月の売上データがありますから、どのように増えているかがわかります。減っている時も同様です。増えているときは、前年などと比べてみます。毎月この月は上昇する月なら予測できる上昇と言えます。一方でそうでない上昇が起きていることがあります。となると、この先急に下降するかもしれません。駆け込み需要等の場合、その後に大きく落ち込むことがあります。

販売管理の機能として仕入れ管理

販売をするときは商品を仕入れます。製造をして販売するときは材料を仕入れます。仕入れた金額は売上原価になりますが、これは利益に大きく影響するものです。1円ぐらいどうでもいいと思うと大間違いです。1万個仕入れれば1万円影響してくるのです。会社などでは大量に販売や生産をしますから、何万、何億と影響することもあります。販売管理の機能おいては、仕入れ管理を行います。これは過去に行った仕入れの情報を管理して、将来の仕入れに役立てるものです。複数の業者からあるものを仕入れるとき、それぞれ条件によって単価が異なることがあります。そのときに条件のいいところを探していきます。仕入れに関しては、単価だけでなく納期であったり、品質が影響することもあります。それも加味して考慮します。時には納期よりも単価を優先しないといけないこともあります。

販売管理の機能として在庫の適正管理

あるお店には商品が山積みされていました。あるお店には売り切れになっていました。別のお店では5個ほどの在庫になっていました。この中でもっとも良いお店としては、5個ほどの在庫のあるところになるでしょう。在庫が山積みになっていると、保管のスペースが必要になったり売れ残りがあります。売り切れは販売機会を失っています。5個ほどの在庫をキープしているところは、あと数個のところで再び仕入れをして在庫を一定にするようにします。そうすれば保管料もかからず、売れ残る可能性も減り、販売機会も常に持っていられます。販売管理の機能としては、在庫を適正に保つように管理することです。それぞれの商品や材料によって適正の在庫は異なります。それを計算してその数字の範囲内になるように維持するようにします。また適正量は変動することがあります。

コメントを残す

*